元予備校講師、現インターの教師のStudy Room!

勉強の効率化や子育ての方法等、教育業界8年目の教師がお伝え!

難しいこと?もわかりやすく\(^^)/(現在、方向性模索中。。。)

【実話】全生徒がTOEICスコア400→600までを1ヶ月で獲得した方法(TOEIC初心者、中級者向け)

皆さん、こんにちは!

Houseです!

 

本記事では英語の資格TOEICについてまとめます。

 特にTOEIC初心者、またTOEIC受けたことはあるけれどまだ400点前後でもっと上げたい、という方向けです。

またTOEIC600点前後の方でも続ければ850くらいのスコアまでは取れます。

 

 

実際私はTOEIC講師として大学生にTOEICを指導したことがあります。

その時の生徒さんは全員1ヶ月で600点オーバーになりました。

 

そのころの私の生徒さんは

・関係代名詞、関係副詞の違いがわからない

・単語が覚えられない

・なんとなく英語はできておいた方がいいからやりたい

 

というモチベーションも今一つな生徒さんでしたが、

皆さん1ヶ月で200点以上アップしています。

実際、

 

ちなみに「聞き流すだけで・・・」なんてことは書きません。

結果とは積み重ねの先にある物ですので、そこのところよろしくです!

 

ということでTOEIC初心者向けスコア600まで1ヶ月であげるの巻。

始めましょう〜!

 

 

 

 

まずは基本情報を抑えましょう!

【基本情報】

通称:TOEIC

正式名称:Test of English for International and Communication

実施頻度:年に11回、日曜日に実施

金額:6.490円

 ※2020年5月現在

 

TOEICにはListening / ReadingとSpeaking / Writingがあり、TOEICと言えばListening / Readingと言っても過言ではないでしょう!

 

実際にSpeaking / Writingは年に4万人程度しか受験者はいません。

一方でTOEIC Listening / Readingは2018年には 245.6万人の受験者がいます。

 

 

 

では次に問題形式を見ていきましょう!

【問題形式】

TOEICは4択問題でリスニング パート、リーディングパート、それぞれ100問ずつあります。

問題の種類としては7パートに分かれており、内容は以下の通りです。

※パート1〜4はリスニング 、パート5〜7はリーデイング

 

【リスニング 】

パート1:写真描写

写真が1枚あり、4つの音声のうち、どれが写真について述べているか選択します。

 

パート2:応答問題

文字での情報はなく、読まれる音声の後に続けて適切な応答をする音声を4つのうちから1つを選択します。

 

パート3:情報正誤

1人のスピーカーが話す音声が流れ、その内容についての質問に対して正しい答えを選択します。

質問は音声にて流れますが、問題用紙に問題と選択肢は書かれています。

 

パート4:情報正誤

2人か3人のスピーカーが話す音声が流れ、その内容についての質問に対して正しい答えを選択します。

2、3問は図や表を用いた問題も出ます。

スピーカーが増えることと図や表を用いること以外はパート3と同じです。

 

【リーディング】

パート5:空所穴埋め(短文)

1〜2文の短い文の中で、文脈から適切な語句、あるいは品詞を選択します。

 

パート6:空所穴埋め(長文)

長い文章の中で空欄が3問あり、文脈から適切な単語、あるいは品詞を選択します。

 

パート7:情報正誤

1つの文章、あるいは3つの文章とその内容に対して正しい答えを選択します。

 

 

 

 

 

 

TOEICスコア600を1ヶ月で超える方法】

それではいよいよスコアUPの秘訣を書きましょう。

以下のことができるようになれば、TOEIC600は1ヶ月以内に可能ですよ〜。

 

まずは点数の上げ方は2パターンあります。

(1)知識ベース

(2)技術ベース

 

「知識ベース」とは英語そのものの知識をしっかり磨くことです。

 例えば、下記のことが重要となります。

・単語、イディオム量を増加、文法を完成させる。

・解答スピードをあげる。

 

 

「技術ベース」とはTOEICに特化した解き方をマスターすることです。

例えば、下記のことが重要になります。

TOEICの問題形式を把握している。

・答えを出すまでに最大何段階の思考が必要か把握している。

 

 

 

まずは知識ベースのことから詳しく書いていきます。

■目的

・単語、イディオム量を増加、文法を完成させる。

・解答スピードをあげる。

 

「単語、イディオムを増やすこと、文法を完成させること」のポイント

TOEICは公式単語帳も出版されているので、それを使うことも良い。

・単語帳にも相性はあるので、自分にとって使いやすい物を書店で探すべき。

・単語帳は最低5周はする。

・公式問題集を何度も解き、わからない単語、イディオムをまとめる。

※私は今でも単語帳を見返しますが、始めた頃は2.3週間で1週、合計5週くらいしたら9割ほど入ります。

ただし、1ヶ月ほど勉強をしなければまた7〜8割程の暗記に戻りますので、またやり直しています。

・文法は特に、語形変化、関係代名詞、関係副詞、分詞、分詞構文、比較をマスターする。

※語形変化の例:interest / interested / interesting / interestingly

 

 

 

「解答スピードをあげること」のポイント

・チャンク読みから初めて、日本語変換しなくても英語のまま意味を理解できることを目指す。

※チャンク読み:文の中で意味の塊ごとに訳す方法

My coworker, Ceselia, is now trying to handle the claims from her subordinate.

私の同僚のシシリアは 今扱っている 部下からの要求を

WPSを200以上のスピードに慣れる。

※Word per Minuteの略で1分あたりに読める語数の意。「WPS 測定」でググってください!

 

 

 

 

次に技術ベースのことについてです。

■目的

 ・TOEICの問題形式を把握している。

・答えを出すまでに最大何段階の思考が必要か把握している。

 

TOEICの問題形式を把握すること」のポイント

・パート1からパート7までの問題形式は何か。

・リーディングパートはどのパートを何分以内に解くべきか。

※パート5の空所補充問題は1問当たり15秒以内に解こう!そのために何が問われているか、の判断を早く!

 

「答えを出すまでに最大何段階の思考が必要か把握すること」のポイント

・パート5、6は主に1箇所見れば答えがわかる。

・パート7(特にダブルパッセージの問題)は答えを選ぶために2箇所あるいは3箇所の情報を読み解かなければならない。

 

 

 

 

★結論★

あなたは、TOEICでどのような問題がどの順番で出題され、

どれくらいの時間の間に解かなければいけないのか

思考の流れとして何段階あるのか、

そして自分に何が足りないのか。

 

以上の点を把握していますか?

 

 

「相手を知り己を知れば百戦危うからず」ですよ♪

 

色々書きましたが、特に重視して欲しいのが、

■時間

■思考の段階

の2点です。

 

(ちなみに)資格系であればなんでもそうですが、逆算で勉強していくことが重要です。

私自身、過去2年ほどは毎回TOEICを受けていたこともあり、公式問題集も3冊分の分析(リスニング スクリプトの答えがどこにあるのか、リーディングパート5の文法の分野別出題頻度、品詞問題が出てくる確率等)をしたりして、以上の方法が有益であると結論付けました。

本当に有意義なんだろうか?と思う人はぜひご自身で公式問題集を分析してみてください!

 

公式問題集であれば、最低でも3冊分を完璧にするだけでも点数は上がりますので、ぜひやってみてください!

 

 

もちろん英語力も大切ですが、TOEICは数ある英語テストの中でもかなり簡単な方なので、本気であれば1ヶ月〜2ヶ月で 単語、文法は網羅できます!

 

TOEICを足掛かりに、別の英語資格のリストも下記に記載しておきます!

気になる物があればまた調べて見てくださいね♪ 

 

 

 

 

英検(実用英語技能検定

TOEFL(Test of English as a Foreign Language)

IELTS(International English Language Testing System)

TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages )

CELTA(Certificate in Teaching English to Speakers of Other Languages

ケンブリッジ英検(Cambridge English Qualifications)

国連英検United Nations Associations Test of English